仮想通貨のトークンってなに?ビットコインとの違い


仮想通貨のトークンとビットコインとの違い

ICOでは仮想通貨のトークンがよく使われています。最も多いのはイーサリアムのプラットフォーム上で発行されたトークンでしょう。仮想通貨wavesやNEMでもトークンを発行することが可能です。ビットコインとの大きな違いは、独自の仮想通貨であるかどうかにあります。ビットコインは独自の仮想通貨であり、PoWというアルゴリズムが採用されているのでマイニングをすることでコインが新規発行されます。一方のトークンは独自の仮想通貨(イーサリアムなど)のプラットフォーム上で発行されて動いているものなので、マイニングをして新規発行することはできません。企業などの発行者が最大枚数や発行枚数を定めて自由な枚数を発行できます。

メリットはどこにあるの?

ビットコインなどの独自の仮想通貨のことを一般的にコインと呼ぶのに対して、仮想通貨のプラットフォーム上に作られた仮想通貨のことをトークンと呼びます。その性能はオリジナルの仮想通貨の性能に依存します。これはメリットであると同時にデメリットでもあります。例えばイーサリアムのプラットフォーム上で作られたトークンなら、イーサリアムのブロックチェーン技術や性能を使うことができるという点がメリットです。オリジナルの仮想通貨が高性能であるほど、さまざまな機能を利用することができます。あまりコストをかけずに手軽に発行できるという点もメリットです。逆に、オリジナルの仮想通貨に欠陥があるとそれも引き継いでしまうという点が不安要素でしょう。

仮想通貨には様々な種類があり、売買を行う単価も様々です。比較的、低単価で売買が行える通貨もあるので、初心者の方などは低単価のものからはじめるのが良いでしょう。