水没時にネットにある自己対応方法で大丈夫?データの復旧を優先したいときは?


ネットを見て自己対応するのは危険

iphoneは肌身離さず持ち歩くのでいろいろな危険があります。危険の一つとして水没があり、トイレや洗面所の他お風呂に落としてしまう人もいるようです。防水機能がある機種なら雨やちょっとした水滴ぐらいでは故障しませんが、完全に水没させると故障の可能性が高くなります。水没させたときにしてはいけないのはネットなどにある自己対応方法になるでしょう。水没すると機械の中に水が入りますが、自己対応をすれば一見水抜きができて水没前の状態に戻せるように感じます。しかし完全に水抜きできない可能性がありますし、水抜きできていたとしても錆による不具合が生じる可能性もあります。自己対応するのではなく専門の業者に持ち込んで対応してもらった方が良いでしょう。

データの復旧を優先したいとき

iphoneを使うときに日々しておきたいのは大事なデータのバックアップです。トラブルで使えなくなったら修理を依頼しますが、正規店に持ち込むときはデータはすべて消去されます。水没の直後だとバックアップは難しいので、正規店に持ち込む時点でデータを諦めなければいけません。データのバックアップをしていない人がデータの復旧を優先したいなら非正規の修理店への持ち込みを検討しましょう。持ち込んだ時の状況にもよりますが、完全復旧してもらえる時もありますし機械は直せなくてもデータのみ取り出してもらえる時もあります。水没したときの応急措置によって復旧できる可能性も違ってくるので、すぐに水の中から取り出して電源を切り業者に持ち込むようにしましょう。

iPhone修理は主要な駅周辺に専門店が進出しています。その場で診断や対応をしてくれるので利便性が高いのです。