マーケティングオートメーションを導入して営業活動の効率化を実現!


マーケティングオートメーションとはどういうものか?

マーケティングオートメーションを導入することにより、自社の商材に興味を持つユーザーへの教育が可能になり、成約に結び付けることを容易にできます。サイト上に誘導したユーザーに対して、どのようなコンテンツに興味を持っていたのかの傾向分析を行えるようになり、メールやチャットなどの手段を用いた購買意欲の喚起が可能になるのです。リードナーチャリングと呼ばれる教育方法を採用することにより、顧客の嗜好に照らし合わせた、適切なクルージングを行えるのです。成約率の高いユーザーだけに絞り込み、成約プロセスにおける社員の負荷の軽減を目指すことが、マーケティングオートメーションを導入する目的です。

ツール導入時に気をつけるポイント

マーケティングオートメーションを導入するにも、自社に相応しいものでなくては、期待する効果を得られないものです。ユーザーに対して教育を行なう機能が搭載されていても、配信するコンテンツを製作できる体制が構築されていなくては意味がありません。操作性の面でも同様に、ユーザーへのレスポンスに必要以上の時間が掛かっていては、業務効率が落ちてしまいます。営業活動の効率化を行い、売上向上に結びつけるツールとは言っても、使いこなすことができなくては、全体のパフォーマンスが劣化してしまうものです。マーケティングオートメーションを選定するにあたっては、一定期間に亘って使用してみるのも良いでしょう。自社に相応しいものであるかを判断してからの導入でも遅くはないからです。

マーケティングオートメーションは、マーケティング活動に関する作業を自動化すること、あるいはその自動化を実現するために使うソフトウェアのことを意味します。