いざというときの覚えておきたいスマホの修理方法


画面割れなど軽度であれば非正規店でもよい

外出中の連絡手段とネットを利用した情報収集に置いて便利なスマホですが、故障をしてしまうと生活への影響が大きいです。もし故障をした時には、無理をせずに修理に出すほうが良いです。ただ修理に出すにしても、予算や完了するまでの期間が分からないという人もいます。もし故障をした時には、状態に合わせて修理先を選択するとよいです。故障が落下などで画面割れを起こしたもしくはボタンがつぶれた程度であれば、正規店ではなく家電量販店や電化製品の修理を請け負っている非正規店に依頼するとよいです。

画面が割れたりボタンがつぶれる程度であれば部品を交換すればよいので、費用は5千円から1万円が相場で修理期間も1日から3日程度で戻ります。ただし非正規店で交換をする場合には、必ず見積もりを取ってもらいます。店舗によっては法外な交換費用を請求する場合があるので、適正価格かどうかを判別するために見積もりを取ってもらうことで防ぐことができるのです。

重大な故障の場合は正規店に依頼することになる

画面が割れた、もしくはボタンがつぶれた程度であれば交換で終わりますが、もしボタンを押しても起動をしないもしくは異音がするというときには正規の修理店に依頼することになります。正規の修理店であれば分解をして新しい部品に付け替えることで元に戻るだけでなく、もし致命的なダメージによる故障であればチップからデータを抜き出して移し替えるということもできるからです。故障にもよりますが、修理期間としては1か月を目安とし費用もまた1万円から5万円まで幅があります。こちらも事前に見積もりを取ってもらい、もし新品を購入したほうが安くなるのであれば低予算で済むデータ移し替えを選択するのもありです。

毎日欠かさず使っているスマートフォンも故障する事がありますが、使えないととても困ってしまうので早く修理をするならスマホ修理の心斎橋です