LEDを使うなら寿命の考え方を知っておこう!!寿命を長くする使い方も大事!!


安物と高額商品とで寿命は異なるか

白熱電球は現在一個当たりどのメーカーのものでも100円前後です。ですから安物や高額商品の区別はありません。一方LED電球は安いものだと数百円で売られているものがあり高いものだと数千円以上しています。数百円のものは無名メーカーで高額のものは有名メーカーの違いはありますが果たして寿命などに違いがあるかです。パッケージには参考の寿命が書かれていてそれを見ると安物も高額商品も大差はありません。

実際の性能に関しては安かろう悪かろうと言え、安いものは高額商品に比べると長く使えると言えないでしょう。LED電球には回路が入っていて回路が熱にやられると使えなくなります。高額商品は回路を熱から守るための工夫がされていますが、安物は回路を守る仕組みがないものが多くそのため長く使えません。

寿命が長くなる使い方を知っておく

白熱電球の寿命はフィラメントが劣化して切れるまで、蛍光灯の寿命は管内に含まれている発光のための塗料がなくなるまでとされています。どちらも利用時間が長くなると寿命が来て使えなくなる仕組みです。LEDに関しては少し仕組みが異なり、LEDその物は基本的に半永久的に使えます。

ではなぜLED電球が使えなくなるかですがそれは回路に問題が生じるためです。回路に電気が流れて発熱すると劣化が進み、回路その物や回線が機能しなくなると使えなくなります。LEDを長く利用するテクニックとしてはこまめに消すのが良さそうです。長く点けているとその分回路が熱せられますが小まめに消せば熱する前に電気の流れを止められます。白熱電球のように必ずしも利用時間によって寿命が来るわけではありません。

ledパネルは様々な場所に設置されています。目立ちやすい特徴を活かした用途は多くあります。その中でも多い使用用途は看板です。