通販システムのパッケージの導入効果と選び方


通販システムのパッケージは必要な機能が揃っている!

通販システムのパッケージには、ECサイトの運営や管理に必要なものが満載です。さまざまな企業で使用されてきたノウハウがつまっているので、欲しい機能が搭載されていることが多いです。しかし、各システムには特徴があり、それぞれに強みがあります。自社にマッチする特徴をもつシステムを選択すると失敗が少ないです。

通販システムを活用することにより、関連業務の省力化が実現でき、情報共有も容易となります。自社のECサイトだけでなく、他社のECサイトを利用している場合、それらの情報を集約することもできます。

オンプレミス型とクラウド型とは?

通販システムのパッケージを選定しようとすると、オンプレミス型やクラウド型という言葉を目にしませんか。オンプレミス型は自社にサーバーを設置し、そこに通販システムのパッケージをインストールしてECサイトを立ち上げます。サーバーをはじめ、ソフトウェアの管理は自社で行うのが一般的です。初期費用が高額になる傾向がありますので注意が必要です。

一方、クラウド型はサービス提供側のサーバーを利用します。そこにインストールされた通販システムのパッケージを利用することになり、利用状況に応じた月額使用料を支払うことになります。初期費用が少なく導入しやすいメリットがあります。

ECサイトの初導入ならクラウド型がおすすめ!

ECサイトを一から立ち上げるなら、クラウド型の方が導入しやすいです。申込みをすれば短期間で通販システムのパッケージが利用できるようになり、マスターデータを整備すれば仮運用も容易に行えます。仮運用期間中は無料であることが大半で、運用中の問題点を事前に洗い出すことができます。運用できそうであれば、契約を行いそのまま本番稼働することも十分に可能なのです。

通販システムのパッケージは、多くのIT企業が法人向けに開発を請け負っており、サービスや商品のアピールを効果的に行うことが可能です。